白内障は眼科で治療を受けることができます。
眼科で受けることのできる治療方法は、大きく分けて二種類が存在しております。
一つは、目薬を用いる方法で、もうひとつが外科的な手術を行なう方法です。
目薬を用いて行なう治療方法は、基本的には進行を予防することを目的としております。
白内障は目の水晶体のにごりや曇りによって視力が低下する病気ですので、水晶体がにごりが進行することを抑えるような目薬を使用するのです。
あくまでも進行予防が目的ですので、使用しても既に低下した視力が回復するわけではありません。
また、進行を予防し続けるためにも、目薬は継続的に使用しなければ意味がないという難点があります。
しかし、目薬をさすだけという簡便な方法ですので、治療の取っ掛かりとしては抵抗感が少ないかと思います。
もう一つは、外科的な手術によって、水晶体のにごりや曇りを取り除く方法が挙げられます。
この方法は、水晶体中のにごりや曇りを取り除くために、手術が成功すれば白内障で低下した分の視力や視界が回復する可能性があります。