子供のころから続いている番組のひとつに、NHKの「みんなのうた」というのがあります。
この中で「ケラケラ」という歌が最近、ひそかに注目されています。
この作品を手掛けているのが、早稲田大学を卒業し、映像作家として活躍されている内藤まろさんです。
映像作家だけでなく、文筆家、イラストレーターでもあり、まさに伝える映像を作る才能に恵まれた人と言えます。
奥様は演技派女優として人気の永作博美さんですので、内藤まろさんの名前を永作さんの旦那さんとして知っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
NHKのみんなのうた以外にも、数多くの作品を手掛けているのがコマーシャルの分野です。
日本を代表する名だたる有名企業のキャンペーン映像を手掛けていますので、毎日の生活の中で知らず知らずのうちに、内藤まろさんからのメッセージを受け取っていることになります。
ご本人がメディアに出て目立つことはないものの、その才能は十二分に活かされているといえます。