保険はリスクに対するサービス商品です。
商品と言うことは、魚や服と一緒でどこかで購入するわけですが、魚や服ならデパートやスーパーで売っていますが、では保険はどこで買えばいいのでしょうか。
一番馴染みがあるのは、保険会社の営業職員、いわゆる「保険のおばさん」なんて言い方をする人から買うもの。
会社の昼休みなんかに、ウチの会社にも来た、という人も多いかと思います。
もちろん生命保険会社の窓口まで行って直接買う方法。
代理店で買う場合も同じといっていいでしょう。
会社や労働組合が紹介してくれる場合もあります。
珍しいところでは銀行や証券会社の窓口が保険を取り扱って意場合もあります。
これは2001年から徐々に開始された銀行の保険商品取り扱い解禁によるものです。
そして、2008年ごろから更に新しい保険販売の方法が現れました。
それがライフネット生命などインターネットを活用した販売方法です。
インターネットによる生命保険の強みは、なんといっても保険料の安さです。
売り込みの営業員の人件費や店舗の費用が削れるのですから、価格競争力に優れているのは自明です。
もちろん、インターネット販売になると、対面販売と異なり、ちょっと心配だという人もいるかもしれません。
ライフネット生命ではその不安を払拭するために保険金が下りる条件をできるだけ明確、シンプルにすることでそれに対応しています。
インターネットというだけでなんとなく嫌、という人もいるかもしれません。
でもそれだけの理由で安くて高品質な商品を買い逃すのはとってももったいないと思いませんか?