ガスの自由化は平成29年の4月より始まる制度で、それより先に平成28年度には電力の自由化が実現します。
この自由化とは、共に新たに供給できる事業者の数が増えることを指し、それに伴って消費者も自由に供給する事業者を自由に選択できるようになることです。
ただこの電力の自由化が先行することで、電力業界にとってもダメージを受ける可能性があるとして危惧しております。
なぜなら、電力自由化では新たにガスの事業者が電力業界に参入できるのに対し、電力会社が逆にガス業界に参入するのが一年後となるからです。
そのため、その時間差の一年の間に電力会社の顧客を奪うことが可能なため、電力業界が反発している実態があります。
自由化においての一番の目玉は、やはりセット販売です。
電力会社が一年間は、有効なセット販売が打ち出せないデメリットもあるので、その分だけ顧客を失う可能性もあります。
一方、消費者から見るとセット販売ではエネルギー供給を一括して契約することが出来るので、個々で受けられるサービスよりは安くなる可能性があるのです。
それは一括による割引で反映されることも出来るので、消費者にとっては今までと比較すると大きなメリットを受けることが出来ます。
この様に消費者にとっては、どちらの自由化も使い勝手や料金面で恩恵を受ける可能性も高まるので歓迎するムードです。