オルソケラトロジーとは、近視を治療するための方法として近年、提唱されている方法の一つです。
その治療の中身は、中央部を扁平にした専用の矯正レンズを用い、それによって角膜を引っ張ることで光の屈折率を変化させ治療します。
近視の視力の矯正器具としてはコンタクトレンズがありますが、これと同じ様に専用のレンズを角膜に接触させて治療を行なう形です。
ただコンタクトレンズとの違いについては、レンズの表面が扁平した状態となっている点があります。
そして扁平したレンズを角膜に乗せることで、光の屈折率が変わり、それによって視力回復できるとするものです。
角膜の性質は、柔軟性に優れ、新陳代謝機能が活発化されやすい部位で、その屈折率を変化している状態を維持させておくことでクセを作り、最終的な治療としていきます。
特に新陳代謝機能が活発化している子供の近視治療でも役立つ方法で、最終的に治療が完了すると十分、裸眼での生活が可能です。
もちろん、人によっては近視の程度などで個人差が生じるケースがありますが、実際に5日間ほどでオルソケラトロジーでの治療効果が出るケースもあります。
手術に頼ることなしに近視を治療できる方法のため、近年注目されており、その方法を選択する方も増加中です。
なおコンタクトレンズ処方とは大きく違ってくるので、それを取り扱っている眼科医に相談やカウンセリングを受けることをおススメします。

合わせて読みたい情報:CLICK HERE