私が宅建の資格試験に挑戦したのは、3年前のことです。
私の仕事はサービス業ですが、以前から不動産に関する仕事に興味があり、資格の取得を決意しました。
宅建の資格は、独学で勉強される方がとても多いということで、まず私も独学を目指しました。
書店に行くと、資格の取得用のテキストがたくさんあり、どれを選んで良いのか全く分かりませんでした。
そんな時に目に入ってきたのが、通信講座です。
資格取得の学校には、通学コースと通信コースとありますが、私は社会人のため、なかなか通学して勉強するのは難しいと思い、通信コースを選択しました。
資格取得学校のよいところは、試験の対策に必用なテキストや問題集、模試など、全てを用意して頂けることです。
自分では書店でなかなか選べなかったテキストでしたが、専門の講座で用意して頂いたものだと思うと、とても安心することができました。
また、学習スケジュールなども用意されていて、1日に無理のない範囲で学習ができたため、途中で投げ出してしまうこともありませんでした。
分からないことは電話で相談に乗って頂けるサポートシステムも充実していて、とても心強かったです。
試験には無事に合格でき、今になって思い返すと、やはり独学より通信講座の方が、私には向いていたのだと思います。
宅建(宅地建物取引主任者)講座|資格スクール 大栄(DAIEI)