手塚治虫といえば日本の誰もが知っている有名な漫画家です。
鉄腕アトムや、ブラックジャックなどは最も有名なマンガで、今でも学校の図書館などでは貸出しもしている有名なマンガです。
この手塚治虫さんは、元々は医者だったそうで、その経験と知識からブラックジャックを書き上げています。
また遠近法などの描写はこの手塚治虫さんが編み出した手法であり、今日の漫画界において飛躍的進歩を成し遂げた功績として地位と名誉もある方です。
世代の違う今の20代から30代の方までもその存在を知っていることでしょうし、現在有名な漫画家の横山光輝さんなどもこの手塚治虫さんに憧れて漫画を書き始めたというほどだそうです。
また、近年になって、ブラックジャックによろしくなどの作品も出てきて手塚リメイクブームが手伝ってか、作品も映画化されるものも出てきています。
特にどろろという戦国時代の妖怪退治をメインの題材とした漫画があり、これが妻夫木聡さんと柴咲コウさんを主演とした実写版の映画としてリメイクされています。
漫画版では作者の戦争への反対としての意思などがおもむろに描写されていましたが、それは映画では少しオブラートになっていたり、新しい妖怪の出現から特撮までを行い、見ごたえのある作品などもできています。
描写手法は現代では大きく変化しましたが、骨となるストーリーは現在の漫画の中でも一ランク上と言っても過言ではない手塚治虫作品です。